スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文を晒そう。

何を思ったのか、過去に書いた駄文でも晒してみます。

ほんとに大したものじゃないので、折りたたんで置きます。



掌編:「遠くの夏」


『前略 新谷一樹 様
  ずいぶんご無沙汰してます。三浦です。お元気ですか?
  こちらの生活が一段落したので、お手紙させていただきます――――』

夏休みも近づいた7月のある日の夕方。
 扉を開けると、昼間の熱気をたんと溜め込んだ部屋の空気が俺を出迎えてくれた。
「あっちぃ……。窓ぐらい開けといてくれよ……」
温室サウナと化した我が部屋に悪態を付きながらも、俺はいつものように机の脇にバッグを置くと、ふと視線を移した机の上に一通の手紙が置かれている事に気付く。
 差出人はよく知る女の子の名前だった。
 彼女と出合ったのは一年前。
 俺が失恋した、その日だった。
 失恋したことから逃げたくて自転車を飛ばし、普段は滅多に訪れない川向こうにある公園にまで来ていた。
 そこで彼女を見た。
 小麦色に日焼けした顔とショートカットが活発な印象を与える女の子だった。
 彼女は日も陰ってきた公園のグラウンドを一人でサッカーボールと戯れていた。
 傷心の俺はグラウンドを見渡せるベンチに腰掛け、しばらくその姿に見入っていた。そこへ、強烈な一撃をもらった。
「うわ、ごめん! ……だいじょうぶ?」
「いってぇ……。だ、大丈夫。これくらいなんともないよ」
 彼女の蹴ったボールはまっすぐに俺の顔面へと直撃した。涙で霞む視界にうつる彼女の心配そうな顔。俺は極力平静を装い、笑顔でそう告げた。
「そか、気をつけてね。そんなとこでぼーと座ってると危ないから」
 俺の努力の笑顔をまったく意にも介さず、彼女はボールを拾い再び一人で練習を始めた。
「む……。人にボールぶつけといて、それだけかよ」
 さすがにむっと来た。俺はベンチから立ち上がり、彼女の後ろへ近寄ると、するりと脇を抜けボールを奪った。
「え……?」
 彼女の間抜けな声が後ろから聞こえる。中学時代までFCクラブで鍛えた腕は、まだまだ衰えていない。必死でボールを取り返そうと迫ってくる彼女を、何とかやり過ごす。
「むきー! かえしてよ!」
 1対1の攻防がしばらく続いた。彼女は女性とは思えないほど、うまかった。何度ボールを取り返されそうになったかわからない。
「はぁはぁ……」
 どれくらいそうしていただろう。もうあたりはすっかり暗くなりボールがはっきり見えない。今日はこれまで。
「あんた、うまいね。私の完敗」
「はは……。それほどでもないよ」
 出た言葉とは裏腹に体力は限界だった。俺はぺたんとその場にしりもちを付いてへたり込んだ。
「また明日もやろうよ。来るよね?」
 彼女は当然とでも言うように、俺を見下ろしそう言った。
「ああ、勝ち逃げされちゃサッカー少女の名前に傷が付くだろ?」
 皮肉たっぷりにそう言い返してやる。
「ふん! 明日は容赦しないからね!」
 真剣に見つめてくる彼女の視線はとてもまぶしかった。
 それから放課後は俺達の秘密特訓の時間になった。このサッカー少女の通う高校には女子サッカー部がないそうだ。だから彼女は一人公園で練習していたのだという。俺はクラブで覚えた技術を彼女に教えてやると言って、練習に加わった。でもそれはただの方便。彼女と過ごす時間は俺の中でかけがえのないものになっていた。
 しかし、そんな時間は不意に終わりを告げた。学年が代わる新学期、彼女は突然引っ越した。親の仕事の都合だったそうだ。引っ越し先は二つ向こうの県。高校生の俺にとっては遠すぎる場所。だから、新学期に入ってからは一度も会えていない。そもそも、会いに行く言い訳がなかった。

 最後に会ってから4ヶ月。もらった手紙の内容は、新しい街や学校のこと、クラスメイトのこと、サッカーのこと。彼女の字を見るのは久しぶりだった。かわいらしいその文字を見るだけで、俺の心は自然と踊った。
 そして、最後の一文。
『また会いたいね』
 俺はその最後の一文から、しばらく目が離せなかった。

 手紙が届いてから数日、夏休みがはじまった。
 俺は机に向かうと、買っておいたレターセットを取り出し、返事を書き始めた。

『前略 三浦真帆 様
  お手紙ありがとうございます。新谷です。
  夏休みになりましたね。そちらの夏は熱いですか――――』

 今までずっと我慢していた想いを手紙にぶつけた。
 そして、最後の一文にこう書いた。
『この手紙があなたに届かないことを願って』
 書いた手紙を折り、封筒に入れた。

「次の時間は……11時45分か」
 手紙を投函し、ポストの横に記されている回収の時間を確認すると、あと5分ほどでその時間だった。
「ふぅ」
 これは勝負。意気地なしの自分に課した制限。手紙が彼女の家に着く前に到着して、彼女に想いを伝える。手紙ではなく、自分自身の口から。
 自己満足なのはよくわかっている。こんなことをしたからといって告白の成功率に変動があるとも思っていない。ただ状況を作りたかった。弱い自分を追い詰める状況を。
「さぁ、回収に行きますかっ!」
 俺はまたがった愛車を彼女の家の方角へ向け、ペダルを一気に踏み込んだ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

真柄 葉

Author:真柄 葉
WT『舵天照-DTS―』でMS業務に従事する、新米物書き。

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。